ビジネス求人情報?現実は厳しいのだ

仕事全般とからめて現実で見てきた仕事について語りたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏休みの収入に驚き(°。°;;{マジ!・・ 

キッチンでは一人前になった夏休みのこと。

その時期というのは、いろいろな祭りやイベント行事などで、アルバイトの何人かは休みを長めにとるのだ。そうすると人手不足におちいるために、特に祭りやイベント行事には参加しない人は週一くらいの普通の一般人よりも働いてるんじゃないかというくらいのシフトで入る。

しかも残業はほぼ毎日で当時だからそんなことができたとは思うのだが、今は多分無理だろう。まだアルバイトでやっている人に聞いても当時みたいなシフトでは入れてはいないという。

いやはや、今思うと何でかけがえのない夏休みを通常のサラリーマンよりも働いているといわんばかりのスケジュールだ(^^;ただ嵐のような一ヶ月だというのは覚えている。

何ヶ月も同じことをやっていると感覚でドーナツのクリームの量やチョコのつける量などでわかってくる。すると一人でサクサク仕事ができるようになってくると次々と作業が回ってくる。

目が回るようなドーナツの量。もう500個以上のドーナツを見ていると、もはやドーナツという食べ物だという感覚よりも商品(食べれない物)という感覚になってくるので多少大雑把になってくる。。。
まぁ、これだけの量をこなしていればキチキチ丁寧にやっていけば、とてもじゃないが作業がおいつかないのだが…。

そして日は過ぎてゆき、翌月の給料日は驚いた。今でも一社会人で働いているのだが過去最高だ!20万を超えたのだ!!

副店主「お前ら、普通の一般人より稼いでんぞ。社会人なったらそんなにはなかなか貰えへんで。俺の給料とかわらんやんけ。」
そのときは、そんなもんなんかなぁと思ったのだが、今となってなるほどと思う。

まぁ給料どうのこうのというより、あの時は必死だったのだと思う。人がいないから、その分やらなければと高校生ながらキッチンの中心を任されたので。

ただ給料うんぬんで働くのはもちろんなのだが、仕事の時間を忘れれるような仕事を毎日したいものだと思う。なかなかそうはできないのだけれどもネ…。
↓↓↓ランキングポチッとお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/10/04 14:32 ] ドーナツ屋仕事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
アクセス☆

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
相互リンクフリー☆コメント欄より(ゝv‐☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。