ビジネス求人情報?現実は厳しいのだ

仕事全般とからめて現実で見てきた仕事について語りたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコールで頭ガンガン 

店の看板も用意ができ、グラスや食器などの準備もできついに開店した。まぁ、店長から事前に聞かされていたではあるが開店してから数日間はお客さんが来るのは期待大きくしないということ。。

それはというのも、お店がまだできたばかりで認知されていないということと、夜の仕事のため口コミで広がっていくということもあってとのこと。お客さんなんて正直初日は午前12時えお回って閉店直後にカップル連れが来ただけであった。そもそも当然といえば当然なのだが、男どうしの飲みはもちろんNG×(※お知り合いならOK!)

ってな感じで最初はカップル連れが多かったな。。男がいるとやっぱり男の方に上手に気を使いながら女性のほうと話をして盛り上げる。。てか盛り上げ方わかんないっ(゜д゜;{これは致命的。。ヤバッと思いながら、ただ褒めるつまらない会話だ。。何なんだこれはと客観的にみてもタドタドしい(苦笑)

このあたりから早くも仕事ハウスムーブが頭をよぎる(^д^;{今回はいつも以上に早い予感がする。。飲み放題で返杯されまっくちゃあかなわん。。次の日の頭の痛いこと痛いこと。。仕事が終わってから仕事までの間なんて頭がフラフラの状態だから一瞬のうちにくる気がすんです。

頭痛薬を飲みながらの出勤→んでまた飲む→頭痛い→頭痛薬を飲む→フラフラしてる頭で時間はぶっ飛び→出勤でまた飲む・・・の繰り返しはさすがに自分には向いてないと思った。体がキツイんだよなぁ。

そもそも給料が良さげで入ったものの、所詮飲んで会話がおもしろくてお客さんが集まって、初めて高いお酒を注文してもらって歩合がでる。
これができなきゃはじまらないんだよねぇ(^^;{愚かな考えでした。。んで早速頭が痛いんで辞めて次の仕事ハウスムーブに旅立つのであった。。。
↓↓↓ランキングポチッとお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/10/28 08:15 ] メンズの仕事 | TB(0) | CM(0)

飲み屋で仕事 

仕事ハウスムーブもここまでいくつやってきたことか(^д^;{まだ若いのに転々としすぎ?!まぁこれも我が人生悔いはなし(苦笑)

でもって次に目をつけたのが求人誌の後ろのほ?うにある夜の仕事。。夜の仕事に対してのイメージはやはりお酒には強くなくちゃあいけないだろって感じで★いかんせん私はそんなにお酒に強いほうではない。ただ目先の給料の良さに飛びついたって感じだった(゜゜;{おっ!こりゃ良い!月給50万円可能だって!驚だがこの目先の考えが結局だめなんだよねぇ。。(苦笑)
んでもって電話をかける。。トゥルルルートゥルルルーガチャ。
私「あっ!もしもしちょっと求人誌を見て電話したんですけど・・カクカクシカジカ・・。」

店長「よし、じゃあそしたら明後日この時間にきてよ。お酒とかは大丈夫?」

私「まぁ、普段はよく飲みにいってますねぇ。」

店長「そしたらヨロシク!ガチャ。。」

【当日】とある街中の飲み屋が並んでいる中のビルの二階。やはり夜の匂いが感じる・・(?_?;店の前で携帯に電話をいれて店長がでてくる。

店長「おぉ、きたかぁ。まぁ中にはいってよ。ちょっとそこに座ってて待ってて。」

数十分待たされた後に面接。。てか面接も何もあるのかというのがこっちの印象(^^;{履歴書を一応持ってきたが果たして必要があったのか。。飲めればよいだけのような。。あとはコミュニケーションか?まぁこれは大事だろうな。。口頭で済ませれそうな気もするが・・。

まぁ、面接は私しかいなかったからもちろん通る。開店をもう間もなくするメンズの店。一応飲み放題の酒を注文させることができらば半分のマージンが入ってくるという仕組み。多少なりホストのシステムを含んでいる。

開店前のお酒は何を出すのかという話し合いや看板設置などを兼ね(2日前くらいに一人入ってきた)メンズオープンに備えるのであった。。
↓↓↓ランキングポチッとお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
[ 2007/10/25 11:30 ] メンズの仕事 | TB(0) | CM(0)
アクセス☆

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
相互リンクフリー☆コメント欄より(ゝv‐☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。