ビジネス求人情報?現実は厳しいのだ

仕事全般とからめて現実で見てきた仕事について語りたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初給料日に買ったもの 

いよいよ待ちに待った給料日☆今の大人の目線でみればしれたものだが、中学生の給料にしたら何に使おうか迷ってしまったものq(^^)。イェイ!

一番初めに何を買ったかというと、MDラジカセ♪当時は二、三万はしたのでなかなか買える代物ではなかったのだが、念願叶い買うことができた。まず欲しかったものがこれだった。

新聞配達終わったあとに聞いたり、学校が終わったあとに聞いたり良く愛用した。今になってもついこないだまでお世話になった。

いまでこそMP3などがでて大変便利ななったがあの頃のMDラジカセ、ウォークマンはでたばかりでカセットみたいにいちいち、早送り巻き戻しの手間がない。聞きたい曲に再生できる。今ではあたり前…。当初はゲームセンターで使うという目的だったのだが、それは二ヶ月目の給料が貰ってからにしようと。

実際、給料を貰うと欲しいものの視野が広がる。あれもこれも欲しくなってくる。人間というものはつくづく欲望の生き物だと感じる。新聞配達は中学生のときは一年は続いた。二年生になってからは高校進学のために塾に通いだし、そちらに集中するため(-◎-◎-↓

無事、進学することができ、高校生になっても三ヶ月くらい夕刊の新聞配達をした。だが中学生のときと比べて、高校生のアルバイトの視野は広がる。できるアルバイトがいろいろある。だから、新聞配達よりも稼げるアルバイトがしたかった。買いたいものも、中学生のときに比べたらグレードアップするからだ。

そこで何かいい仕事はないかと考えてるときに、また友人から紹介されたアルバイトがあったのだった。「俺は月にその二倍以上は稼げてるよ。こっちの方がいいんじゃない?ちょうど今、店主が人を紹介してくれって言ってたし。

その一言で新聞配達に足を洗い、次の仕事人生が始まるのであった☆
↓↓↓ランキングポチッとお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/09/30 12:49 ] 新聞配達仕事 | TB(0) | CM(0)

新聞が多い?少ない? 

新聞配達所というもの新聞の配達件数枚数+一枚、新聞を入れている。とはいうのも、予備ということもあるのだが、一枚多く入れることによって目安にしている。つまり一枚残ってたらちゃんと配れていると把握する。

そんな中、一枚残っていれば問題ないのだが、二枚残っている(驚!)配達所が一枚多く入れてしまったのか、それともどこか一枚入れてこなかったかのどちらか…。全件配り終えたあと入れ忘れたところがなかったか、一件一件思い出しながら回る。だが入れ忘れたところがわからない。これはどういうことかとパニックになり一枚新聞を別のポストに入れて配達所に帰っていった。

すると、配達員のおばちゃんが「あれ、新聞一枚しか余らなかった?」と…。えっ!もしや策略…。これはやられた。とっさに私は「あっ、えーっと、いや、一枚しか残りませんでしたけど・・・(まさか別の家に入れてきたとは口がさけても言えないよなぁ・・)
そこは何とか切り抜けれたが、今度からはそういうことがあるんだなと考え注意しておこうと思った。友人に後から聞くと友人も一回あったらしい(恐)

とにもかくにも数ヶ月がたち正月を迎えた。正月の新聞配達というのは量がとてつもない。一日で三日分の新聞を配らなければならない。いつもなら配達ルートの中間地点に一回置いてあるだけなのだが、この日は二倍くらいの新聞を置いてある。

正月はお年玉が少しだけもらえるのが嬉しかった覚えがある。配達所のおばちゃんに「明けましておめでとう。これお祝いね。」といわれ、祝儀袋を渡される。入ってるのはわずかだが中学生にしたらいい足し(¥y¥)

そして私の配りかたはというと時間もいつもより倍くらいかかって喋り相手がほしいなと思い友人と回っていた。配り終えたあとはジュースを奢ってあげたりして。
そうすると、二時間ほどの新聞配達もあっという間に終わる気がする。それから三日くらい休みにはいるv

やはり正月くらいは配達所も家族団らんでゆっくり家で休みたいよ(^y^)9
↓↓↓ランキングポチッとお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
[ 2007/09/28 14:51 ] 新聞配達仕事 | TB(0) | CM(0)

だんだん慣れてくるにしたがって… 

いよいよ一人立ちをしたわけでウォークマンを片手に朝を迎える。まず布団からでて即行でズボンを二枚重ねではき、服も二、三枚着たあとにダウンジャッケトをはおる。正直これくらい服を重ね着すると肩がこるんだなぁ。体格ががっちりしてもみえる。そして軽く歯を磨き、顔を洗う。そしてソーっと玄関のドアを開け冷えた自転車にまたがる(^3^v??~

だいたい配達所には十分くらいあれば着く。初めは何かと苦労した私だったが慣れてくるとお茶の子さいさい♪テキパキとし、新聞もすぐカゴにいれ配達所をあとにする。配り始めてから終える時間も早ければ四十分そこらでやってしまう。晴れの日はそんなもんなのだが、雨の日は最悪だ…

何でもそうだとは思うんだけど、外での仕事のときの雨降りは最悪で、新聞配達の場合は前が見づらい。ビショビショになって行動がとりにくい。地面が濡れて滑りやすい。まず朝起きて行く気がうせる…。などなど。晴れの日にくらべるとやはり大変(;;)

初めての雨の新聞配達のとき、二十件配り終えるくらいのところで、思いっきり滑って横転した。ザザーッと新聞がカゴから流れ出ていく。自転車をおこし新聞をまた入れなおさなければならない。よくまぁ、何とかふんばって最後までやりとげたなぁ☆

そんな日が続くなか慣れというのか何なのか朝起きるのが初めの頃より辛く思えた。初めの頃というのは緊張感や遅れないように余裕ももちすぎるほど、早く起きて準備する。要領がわかると、ギリギリまで寝、ギリギリになって出て行く。毎日継続するというのは大変なもので、そうは簡単には続けれないんだよね(><;

『初心忘れるべからす』という言葉ば、つくづく良く分かる。毎日休みなく行くということ、それは本当に大変だなと感じた。
↓↓↓ランキングポチッとお願いします♪
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
[ 2007/09/26 11:08 ] 新聞配達仕事 | TB(0) | CM(0)
アクセス☆

>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
相互リンクフリー☆コメント欄より(ゝv‐☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。